なぜ状態が実装しなければならない?

ICC Review Conference, Kampala, Uganda

ICCの検討会議、カンパラ、ウガンダ

192国連加盟国のうち、2012年4月の時点で、121は、 締約国が国際刑事裁判所(ICC)のローマ規程へ。

ICC規程を批准または加盟した国は、締約国として知られている。 彼らは、国内法で規程の規定を実施する義務があります。 具体的には、状態は、その国の法令に人類と戦争犯罪に対する大虐殺、犯罪を犯罪とする必要があります。 これらの犯罪は、具体的には、それぞれの記事6、図7、図8の下のICC規程に定義されています。

ICCの管轄権は、国家管轄権に相補的である

ICCは、国家の刑事司法制度に代わるものではありません。 それはそれらを補完するものです。 これは(ICC規程の第17条を参照してください)補足性の原則として知らています状態は不本意であるか、またはそう純粋にやることができない限り、状態は、調査または起訴されている場合は、それによると、ICCが管轄権を持っていません。 状態が調査され、起訴しないことを決定した場合も、同様に適用されます。 起訴しないという決定は不本意または起訴する真に無能から生じない限り、ICCが管轄権を持っていないでしょう。

この含意は、状態があっても調査していない場合は、独自の領土やその国の国民が犯した人道に対する罪、と言うことで、ICCが管轄権を持っていません

しかし、ICCはすべてこのような犯罪を試してみて、すべての加害者を処罰することができることを期待するのは非現実的であろう。 実用性の問題として、ICCは、このような犯罪のために第一審裁判所にすることはできません。

人道に対する罪の定義を満たすために、例えば、このような犯罪は、民間人に向けられた広範または組織的な攻撃の一部としてコミットする必要があります。 このような犯罪は、通常、多数の加害者を持っています。 いくつかの年の歳月をかけて戦争で荒廃した国にまたがって、キャンプに招いた殺害や拷問の申し立てを検討してください。 一つは、現実的にすべての加害者は、ICCの前に自分自身を見つけることを期待することはできません。 システム全体の有効性は、したがって、これらの犯罪の訴追、国家に依存します。

ICCのモデルの整合性は、締約国は、ジェノサイド、自国の領土やその国民が犯した人類と戦争犯罪に対する犯罪を訴追するために行動するという前提の上に成り立っている。 仮定は、ICCが偽国家訴追はICCの訴追から誰かを遮蔽するために試行した場合、またはその国の司法制度が崩壊したため、状態は起訴できない例は少数派で、その相補的な管轄権を行使するだろうということです。

などで改めて2010年にカンパラでICC検討会議で採択された締約国の国会で補完解像度 、中核国際犯罪の効果的な検察は、国家レベルで保証されなければならない。 締約国の約半分は、いくつかのタイプがある法律を実施する 平和と正義のイニシアティブは、国内臨床試験で、実際にこれらの規定を使用して実装する法律や訓練の利害関係者を起草し、見直す際に締約国と他の州を支援することができます。